お店検索
 
  • ハウディーズ新着情報
  • お気に入りに追加

   
桐生観光情報特集!
last updated 2008年5月14日(水曜日)
桐生市

 桐生市は群馬県東南部にある、渡良瀬川と桐生川が流れ、山々が屏風状に連なり、水と緑に恵まれた地に歴史と伝統が息づいた、古くから織物のまちとして発展してきた街です。


信頼・責任・積極性をテーマ に、「伝統と創造 粋なまち桐生」を将来都市像として新しい街づくりを始めています。

 古い歴史と文化を持つ、桐生に是非足をお運び下さい。


 また、お食事やお買い物の際には、ハウディーズのクーポンを是非ご利用下さいね♪

東京方面から桐生観光のアクセス:桐生は都内から電車で一本で行ける観光地です☆
電車 東武線

特急りょうもう号が便利です!久喜までJR湘南新宿ライン、東北線も便利☆

浅草→新桐生(80分) 北千住→新桐生(70分) 久喜→新桐生(40分強)

地図を見る
  JR線 JR両毛線小山→桐生(55分) JR両毛線高崎→桐生(45分)
お車 北関東自動車道

太田桐生IC(20分)

太田藪塚IC(20分)

    東北自動車道 佐野・藤岡IC(60分)      

桐生厳選スポット

桐生の観光で外せないのは「桐生織物記念館」「大川美術館」「ぐんま昆虫の森」「相沢忠洋記念館」はチェックしましょう☆桜の季節には「桐生が岡公園」がオススメ!他のオススメ観光名所も随時アップいたします♪

 桐生織物記念館 (温故知新、桐生織物の全てを知る)

「西の西陣、東の桐生」と言われる、歴史と伝統、そして匠の技を持つ桐生織り。

 その折り紙付きの技術を伝統のものから最先端のものまでを展示しています。

 ジャカードの手織機をはじめ貴重な道具類をディスプレイに利用、展示することで伝統の重みと現代のセンスを感じさせる雰囲気を作り出しています。

 更に日本や桐生だけでなく、和洋それぞれの織物製品を展示しております。

  パネル展示のみならず、桐生織物に関するビデオが鑑賞できるテレビコーナーなども設けられています。

 
桐生織物記念館
地図を見る
 
 桐生明治館 ( 文明開化、明治のたたずまい )

 「白い洋館」の桐生明治館は、明治初期の擬洋風建築です。

 「旧群馬県衛生所」の名称で、国の重要文化財 に指定されています。

  館内には、今日に至るまでの明治館のあゆみをはじめ、明治期のピアノやオルガン、洋風建築に関する資料などが常設展示され、資料館として活用されています。

 館内では、明治の初期洋風建築のさまざまな特徴が見られ、古き時代の面影と共に新鮮な感動に巡り会うことができます。

 カフェもありますので、ほっと一息入れるのに訪れてはいかがでしょうか。

 
明治館
地図を見る
 
 桐生天満宮 (関東五大天神 桐生領総鎮守)

 菅原道真公を祭神とし「天神さま」として親しまれている、関東五大天神の一社です。

 景行天皇の時代(71年〜130年)に天穂日命を祀る神社として創建されたと伝えられ、当初は礒部明神 といっていました。

 南北朝時代初期に桐生綱元(桐生氏の祖)が現在の所在地に移し、菅原道真を合祀して天満宮となり、江戸時代には徳川家の祈願所となった由緒正しい天神様です。

  初詣以外にも、桐生市は多くの高校が存在するため、受験シーズンには多くの参拝者が訪れます。

 「龍」にまつわる 昇運故事 にちなんで、古来より桐生天満宮は「昇運の神・桐生天神」として篤く信仰され、この幅広い御神徳を仰ぐ数多くの参拝者が関東一円より祈願にきています。

 
天満宮
地図を見る
 

  大川美術館 ( 日本最大の小さな美術館 )

 大川美術館は、群馬県桐生市の水道山中腹にある桐生市出身の実業家である大川栄二が40年間かけて集めたコレクションが展示されている美術館です。

 日本の近代洋画を中心に6,500点を超えるコレクションを有しているいて、松本竣介(1912〜48年)と野田英夫 (1908〜39年)のコレクションに関しては日本最大です。

 他にもピカソ、ミロ、ルオーなど、地方都市の美術館としては比類ない充実度を誇る美術館であります。

 随時、年4回の自主企画展も開催しています。

 
大川美術館
地図を見る
 
  相沢忠洋記念館  - 関東ローム層、発掘の父 -

 相沢忠洋記念館は、火山灰が堆積した関東ローム層の年代は激しい噴火のため人間が生活できる自然環境ではなかったと考えられていた旧石器時代の遺跡を発見し、日本の歴史を塗り変えた「岩宿遺跡」の発見者、 相沢忠洋の記念館です。
 この記念館には、槍先形尖頭器を初め、発見された 21ヶ所の遺跡のうちより約300点の石器や、縄文早期の土器片、自筆原稿、芹沢長介との往復書簡、復元図、パネル図版、写真、表彰関係品、書籍、カメラを始め愛用の遺品等を展示してあります。
 館内では岩波映画社作製の「太古への夢、岩宿遺跡」を上映していたりしています。
 近隣のみどり市には国定遺跡「岩宿遺跡」がありますので、併せて見学すると楽しいですよ!

 
相沢忠洋記念館
地図を見る
 
 ぐんま昆虫の森  - 自然と共に、命を知る -

 ぐんま昆虫の森では昆虫について楽しみながら、体験・学習ができます。

 昆虫の森のシンボル的なドーム状の建物「昆虫観察館」では、映像、展示、書籍だけでなく、いろいろな体験型プログラムも用意されており、更に昆虫の森ならではの「里山」を復元した48ヘクタールに及ぶフィールドがあります。

  どんなところにどんな昆虫がいるのか、自分の足で歩き、自分の目で見つけ、自分の耳で聞き、自分の手で触れてみましょう。

 フィールドでは、季節によって見られるものが変わるので、季節が変わるごとに来てみるのも楽しいですよ。

 お子さんと是非どうぞ!

 
ぐんま昆虫の森
地図を見る
 
  桐生が岡公園  - 市民の憩いの場所 -

 遊園地と動物園からなっており、桜の名所として知られています。

 「岡公園」と略称されることが多く、市民の憩いの場所として愛されています。

 桐生が岡公園は、桐生市荒戸地区の北西部にある丘陵地に位置し、景色がよく、展望台や観覧車からは市内を一望できる隠れ絶景スポットです。

 動物園の歴史は長く、1952年(昭和27年)に、全国に先駆け野生動物救護の取り組みを始めた事から、桐生が岡動物園が日本最初の鳥獣保護センターとされています。

 入園が無料なので散策にもおすすめです。

 
桐生が岡公園
地図を見る
 
 わたらせ渓谷鉄道 - トロッコ列車で自然観光 -

 美しい四季を観にわたらせ渓谷へ行きませんか!

 わたらせ渓谷鉄道といえばトロッコ列車!美しい渓谷に沿って走るこの鉄道でゆったりと旅してみませんか?

 更にトロッコ列車と並ぶわたらせ渓谷鐵道の看板列車「サロン・ド・わたらせ号」は、列車前後端に展望サロン室を持つ豪華なお座敷列車です。

 通常は企画列車や団体列車として運行される車両ですが、6月の週末に定期運行されますので公式ホームページで運行日をチェックして、贅沢なのんびり旅をしてみましょう♪

 
わたらせ渓谷鉄道
地図を見る
 
桐生のお店情報!

 観光のスポットを選んだら、次はやっぱりお食事にお買い物!ですよね。

 桐生市内、近隣地域のグルメ・ショッピングの情報は「ハウディーズ」にお任せ下さい!

 大川美術館や桐ヶ丘公園の帰りに、ちょっと一息・・ガイドブックには載らない地元のお店がたくさんありますよ♪

   

観光情報について

 「両毛地域にインターネットからのアクセスを集め、地域活性化を目指す」

 ハウディーズ株式会社の企業としての目的の一環として、地域貢献を目的にこの「観光特集ページ」は作成されております。両毛地域各都市の有志の方々のご協力をもとに、ページの制作費用を弊社にて負担するかたちにて、今後も両毛地域の各都市の観光情報ページの作成を続けたいと考えております。ご協力、ご尽力いただける方、企業様には各ページにてご協力の謝礼といたしましてリンクの設置およびご協力頂いた旨を記載させて頂きます。

 既に完成されているページに更に情報をご提供いただくことも可能です。共に地域の活性化に向けてご協力いただけるコラボレーターをハウディーズ株式会社では随時募集しております。

 お問い合わせは下部の「お問い合わせ」よりおねがいいたします。

 

※こちらの群馬県桐生市の観光情報ページは、ハウディーズの独自の取材及び、弊社の地域貢献への想いにご賛同いただいた、地域のまちおこしや活性化のために活動されている方々様のご協力によって作成されました。地域のためという視点から、当ページに於いては広告掲載料などは一切頂いておりません。また、作成には正確を期しておりますが、あくまでも善意のボランティアのページですので、詳細は直接ご紹介させていただいている観光スポット様までお問い合わせ下さい。大変恐縮ですが、ハウディーズ株式会社として掲載された内容についての責任は一切持てないということをこのページをご覧になる際はご了承下さい。また、趣旨と致しましては、地元のご協力者との善意のコラボレーションによる地域活性化への一助となるようにこちらのページをご提供致しました。ハウディーズ広告主・掲載店舗の皆様にはご理解頂きますようお願い致します。また、不適切な表現・誤りなどございましたら下部のお問い合わせよりご連絡下さい。